top of page

みんなで除夜の鐘を撞く

大晦日、村の廃寺に残っていた鐘楼の朽ちた撞木を、私が棕櫚の木を切り出し、協力して取り替え、みんなで除夜の鐘を撞こうと呼びかけました。

わずか8人の集落に近在の人も駆けつけ18人も集まり、交代して撞き、鐘の音は山にこだまして下の集落まで響き渡ります。順番を待ちながら、今は使っていない消防小屋でストーブを囲んで酒を酌み、するめを焼き、そばを食べ、ワイワイ新年の夢を語り合い、みんな笑顔でした。

来年もまたみんなで撞こうねと言って別れました。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


記事: Blog2_Post
bottom of page