top of page

愚者寓舎

自分の命がいつ朽ち果てるか。その時は静かに受け入れられるように、日々を質素に謙虚に暮らしたいと思っている。

山麓の小さな古民家を、そのための仮の宿として「ぐしゃぐしゃ」と名付けた。親しく語らい合う場として、訪れる方を心から迎えたい。



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


記事: Blog2_Post
bottom of page